お知らせコンクリートに発生する「白華」とは?

外構工事が終わった後、駐車場や基礎のコンクリートやコンクリート製品、目地のモルタルの表面が白っぽくなることがあります。

白く粉を吹いたようになり少し心配になりますが、これは「白華」です。

白華は「白華現象」や「エフロレッセンス」「エフロ」とも呼ばれます。

今回はこの白華についてお伝えします。

 

1.白華が発生する原因

 

白華はセメントを使用しているコンクリートやモルタルに発生します。

コンクリートは雨が降ると黒っぽくなりますが、これはコンクリートが水を吸うためです。

雨が止むとコンクリートが乾きますが、その時に水はコンクリート表面に移動して蒸発します。

水がコンクリート表面に移動する際、コンクリートの可溶成分も一緒に運びます。

水と可溶成分がコンクリート表面に移動しますが、水は蒸発してしまいます。

残された可溶成分は大気中の二酸化炭素などと反応して、コンクリート表面で白く結晶化します。

これが「白華」「エフロレッセンス」です。

 

2.白華の成分と安全性

 

白華の原因となる主な成分はコンクリート(セメント)に含まれる水酸化カルシウム Ca(OH)2です。

水酸化カルシウムがコンクリート表面で二酸化炭素 Co2と反応すると、炭酸カルシウム CaCO3になります。

身近な炭酸カルシウムとしては、貝殻、サンゴなどがあり、食品添加物としても使用されています。

そのため、白華を触ったりしても人体への影響はありません。

また、白華がコンクリート表面に発生したとしても構造物の強度が低下することはありません。

つまり、白華がコンクリート表面に発生する問題としては「見た目」だけということになります。

 

3.白華が発生しやすい条件

 

白華は以下のような条件で発生しやすくなります。

 

①雨などの水がかかる場所

 

②梅雨など雨が多い時期や、積雪後の雪解け時

 

③気温が低い時期

 暖かい時期は比較的白華の発生は少なくなります。

 コンクリート表面の乾燥速度が速く、可溶成分の移動が追いつかなくなるためです。

 

④適度な風通し

 コンクリート表面を乾燥させるための適度な風があると発生しやすくなります。

 

⑤施工直後

 新しいコンクリートの方が白華は発生しやすくなります。

 コンクリートの組織が緻密化しておらず、可溶成分が移動しやすいためです。

 

4.白華の防止対策

 

セメントと水があると白華が発生することが分かりました。

エクステリアで使用されるコンクリートは風雨にさらされますので、白華を完全に防ぐことは困難であると言えます。

その中で防止するための対策もいくつかあります。

 

①設計、施工による対策

 コンクリートブロックやインターロッキングブロックは適切な設計、施工を行うことで白華を抑えることができます。

 

②吸水防止剤の塗布

 コンクリート表面から内部に水が入らないようにします。

 塗布することで白華の抑制に加えて、汚れも防ぐことができます。

 予算があれば塗布することをオススメします。

 

5.白華の除去方法

 

①放っておく

 現場状況によって異なりますが、薄い白華は放っておくと数カ月から数年で自然に消えてしまいます。

 主成分の炭酸カルシウムは二酸化炭素、水と反応することで炭酸水素カルシウムに変化します。

 炭酸水素カルシウムは水溶性なので、いつの間にか洗い流されてしまいます。

 

②ブラシでこする

 表面に薄く発生している場合は、ブラシでこすって水で流すだけで除去できます。

 

③酸で処理をする

 ブラシで取れない白華は酸で処理をします。

 白華の成分はアルカリ性なので、酸と反応させると分解します。

 上の写真は散水後に専用の白華除去剤(クエン酸)を塗布した状態です。

 酸がアルカリと反応して泡が出てきています。

 さらにブラシでこすることで白華を取り除きます。

 ただし、コンクリート自体もアルカリ性です。

 そのため、過剰な酸処理はコンクリート自体を痛めることになりますので注意が必要です。

 

④削り落とす

 上の写真はコンクリートブロックの目地部に発生した白華を拡大した写真です。

 このような場合は削り落として除去する必要があります。

 また、強固な白華が発生している場合は、表面以外からの水の侵入が疑われます。

 水の侵入防止や水抜きなどの根本的な処置をした上で、白華の除去、抑制対策を行う必要があります。

 

6.おまけ(製品自体に元から発生している白華)

前述の白華は一般的な白華のメカニズムです。

その他に、コンクリート製品自体に元から発生している白華や白ダレもあります。

コンクリートブロックは養生室の中に蒸気を入れることで、硬化させて製品を作ります。

その過程で結露した水分が製品表面を伝うと、写真のようになります。

表面をショットブラスト加工するなどしてあれば目立たなくなりますが、加工した製品は少し価格帯が上がります。

各メーカーで材料や養生方法などを工夫していますが、セメントを使っているため完全になくすことは困難です。

 

7.まとめ

 

現在のコンクリート技術では白華の発生を完全に無くすことはできません。

ただし、設計や施工の工夫、吸水防止剤の塗布で抑えることはできます。

また、メカニズムを理解していれば、条件に応じて対処することもできます。

アウトサイド設計では正しい知識を持った上で設計、施工を行っています。

前橋市、高崎市、伊勢崎市、玉村町や群馬県、埼玉県の近隣地域にお住まいで、外構工事をご検討の方は気軽にお問い合わせください。